ハイブリッドの車種でも広々で嬉しいプリウスα

Pagelist
ハイブリッドの車種でも広々で嬉しいプリウスα

プリウスαは従来の車種と比べてどう違う?

私は40代の主婦(パート・アルバイト)です。
これは私の実父の話ですが、80歳近くの高齢で新たに新車を購入したのがこの「プリウス」でした。
購入したのはこのエコカーが世に出回り出したころで、6〜7年前…?ちょっと私の記憶も定かではないので申し訳ありませんが…。私の父は車の運転が大好きで、プリウスを購入する前に乗っていたのが「インスパイア」。この車に乗ってると「かっこいい」「リッチ」と言われることが多かったみたいですが、それもそのはず、燃費がものすごくかかったんです。
そのせいもあったのでしょうか。
次に購入する車種は、新車は新車でもできるだけ燃費を安いものと思っていたようです。

私だったら軽四自動車しか思いつきませんが、そこは車好きの父親のこと。誰よりも早く、新しくて環境にやさしい、しかも燃費は通常の自動車の3分の1!!であるエコカーの先駆車(笑)「プリウス」を購入しました!お値段は確か聞いたところによると、当時300万くらいしたという話でしたが、今はどうか分かりません。けっこうかかっていますが、ガソリン代がこんなに節約できるなんて何て画期的!と思いました!しかももっと驚いたことに、発車するときエンジン音が全くしないんですよ!ある意味キケンなような気もしますが、これがエコカーなのか…!と当時の私はただただビックリでしたね。乗ってみて、さらに私も試運転させてもらいました。
メーターになにやら電気回路のような図がありまして、ハッキリ言って機械オンチの私には何やらさっぱり分かりませんでしたが、父のいうところによると、オートマチックトランスミッション?なるものが、エンジンとモーターで走る最適な部分を上手く使い分けて、燃費を抑えるんだそうです。
従来いちばん燃費を食う発進時や停車時に電気で作動するモーターを使い、走行時はエンジンを使って走る、というようなことを「自動で」やってくれるんだそうです。

今は、2011年に「プリウスα」が出るなどかなりエコカーも進化し続けているようですが、完全な電気自動車の評判は今ひとつのようですね。

おすすめ